こばふぁーむについて

原点に帰る

古来より日本の農家は自然と調和しながら米作りをしていました。農薬や肥料を使い出したのは戦後まもなくのこと。かつての日本人が普通にしていた米作りの方法を現代に合う形で甦らせたもの。それが、こばふぁーむが実施する秀明自然農法です。

01 土のチカラ

土の中には多くの微生物が生きています。その中でも植物と密接な関わりを持つのが「菌根菌」
菌根菌は植物の根の表面に着生し、植物に必要 な栄養素を与える代わりに炭素化合物をもらい共生する菌のことです。
肥料(化学・有機肥料)を使わなくても育つ理由の一つとしてこの菌根菌の働きがあります。

農薬も肥料も使わないことで土を健康な状態にして、大地が持つ生命力を引き出して農作物を育てています。

土のチカラ

画像1 画像2

病気・虫害・自然災害に強い

害虫が好む植物には水溶性の養分が多く含まれます。
この水溶性養分過多は植物内の代謝が十分に行われていないのが原因です。
また肥料過多による窒素成分も虫は好みます。こばふぁーむの秀明自然農法で育てた作物は、肥料(化学・有機)を与えずに栽培することによって、作物自身がとても健全で健康であるため、虫害や病気を寄せ付けません。

(画像1)

ウンカの被害が大きかった年。
左側は通常の田んぼ、右側はこばふぁーむの田んぼ。
周辺の稲はほとんど被害に遭ったのに対し、こばふぁーむの稲だけが無傷でした。

(画像2)

左側は農薬・肥料不使用の稲の根、右側は通常の田んぼの根。
根の張り方の違いが一目で分かります。

02 農薬・肥料を使わない

こばふぁーむの農作物は農薬・肥料を一切使わずに栽培しています。それゆえ手作業での除草や機械除草を何度も繰り返すため、一般の栽培法に比べ格段に手間ひまがかかります。
また肥料不使用により農作物の硝酸態窒素(※1)が及ぼす人体への悪影響が無いため安心・安全です。

(※1) 硝酸態窒素が人体に入るとメトヘモグロビン血症発がん、肝障害、生殖機能障害といった健康被害を引き起こすと考えられています。

03 自然環境を甦らせる

農薬、肥料を使用する一般の栽培法では、土壌の生態系を狂わせ、タガメやトンボをはじめとする多くの生き物を激減させています。また農 薬は川を通じて海へ流れ込み、海の生態系を破壊しています。こばふぁーむが実施する秀明自然農法は健康に良い作物を作るだけではありません。農薬も肥料も使わないことで本来あるべき健全な状態の土壌が作られ、それらの養分は川から流れ出て海の生物を育んでいます。自然農法を通じて、こばふぁーむは田んぼや畑から自然環境を甦らせる手助けをしていきます。

04 種の自家採取

種の自家採取

農薬や肥料などの影響は種にも蓄積されます。土地に残っている農薬や肥料の影響がなくなっていくことで、種に及ぼす影響も次第に無くな ります。また、植物は育つ環境に適応するような種を残します。農薬や肥料の影響が抜けた種、その土地に適した種からは力強い作物が育つため、こばふぁーむでは種の自家採種を行っています。

こばふぁーむの米

こばふぁーむの米

日本米の祖先 希少種の「滋賀旭」

原種に近い良質米「滋賀旭」は米の粒が大きく旨みがあり、冷めても美味しいのが特長です。その味の良さから西日本では「旭でなければ米でない」と言われるほど人気の品種でした。しかし収穫時の落ち穂の多さ、収穫時期の遅さから戦後の利便性を追求した農業には不向きとされ現在では栽培農家がほとんどいない希少なお米です。

伊勢神宮の神田より生み出されたお米「イセヒカリ」

伊勢神宮に奉納するための神田で発見されたコシヒカリの中から選抜された品種「イセヒカリ」。1989年に伊勢地方を襲った台風で稲が全て倒れる中、直立していた2株がイセヒカリとして命名されました。病害虫や災害に強く、甘みはコシヒカリ以上。滋賀旭と同様に栽培農家が少ない幻のお米です。

有機 JAS 圃場認定

有機 JAS 圃場認定

JAS

有機JASとは農林水産大臣が定めた品質基準や表示基準に合格し認定された『有機農産物』です。
現在、以下の圃場認定を受けています。

平成26年 取得
もち米 ( 1.0 ha )
平成26年 取得
白大豆 ( 2.0 ha )
平成26年 取得
麦 ( 2.0 ha )

プロフィールへ

オンラインショップはこちら